無彩色™偏光板の特徴

きわだつ白と黒 どんな環境でもタフな偏光板

無彩色™偏光板は耐久性に優れたポラテクノオリジナルな染料系偏光板です。

一般的なヨウ素系偏光板は、白表示が黄緑に着色するため白・黒表示が不明瞭という課題がありました。

この課題を解決するために、平行位と直交位で各波長の透過率を一定にすることにより、より自然に近い色表現ができるようになりました。

無彩色™偏光板は、耐光性、色再現性が高いため、太陽光の下で見やすい低消費電力の反射型ディスプレイに有効です。

屋外用ディスプレイ、サイネージ、工事標示、産業用メーター、災害用表示などに展開が期待されています。

無彩色™偏光板と反射型液晶ディスプレイの特性

タイプ
屋外視認性
白表示
耐久性
ヨウ素系偏光板
無彩色™偏光板

無彩色™偏光板は、太陽光の下の視認性、白表示、熱と光の耐久性に優れています。

色味比較

無彩色™偏光板(下)とヨウ素系偏光板(上)の色の比較

無彩色™偏光板は色味がなく、太陽の光や外光の影響を受けません。

モノクロ

無彩色™偏光板を使用した時計(左)とヨウ素系偏光板を使用した時計(右)

無彩色™偏光板のディスプレイは明瞭なモノクロ表示です。

無彩色™偏光板(ACE)透過率

平行位、直交位ともに透過率が一定のため、はっきりとした白と黒を実現します。

無彩色™偏光板(ACE)耐光性試験

どんな環境でもタフな無彩色™偏光板は、太陽光の下の視認性、白表示、熱と光の耐久性に優れています。屋外用途でも明瞭な表示を実現します。

液晶パネルの前面にマスクを置いて、人工太陽を照射。

32インチ反射型LCD耐久試験後(キセノン耐光促進試験)
(試験条件:Irradiated light energy 4500MJ/m2 x room temperature 70℃)

無彩色™偏光板は試験後変化しません。ヨウ素系偏光板は変色、劣化します。無彩色™偏光板は高い耐久性を有します。

屋外サイネージ

太陽光によるブラックアウト現象

直射日光にあたり続けることで従来のヨウ素偏光板は劣化し、ディスプレイにはブラックアウト現象が発生します。

無彩色™偏光板は劣化せず、ブラックアウト現象は発生しません。

無彩色™偏光板ラインナップ・開発マップ

会社紹介